menu

夫婦のお金トラブル解決

夫婦間金銭トラブルを予防する上手な家計の管理方法と注意点

夫婦間金銭トラブルを予防する上手な家計の管理方法

ここでは、夫婦のお金に関するトラブルを招く危険な家計管理について紹介します。
金の切れ目は縁の切れ目という言葉通り、お金で夫婦関係に亀裂が入ると、離婚への道はそう遠くはありませんよ。

お金に関する夫婦トラブルを避けるためにも、しっかり話し合って、上手に家計管理をしましょう。

やってはいけない危険な家計管理その1・夫婦別財布

共働きで子供がいない夫婦に多く見られるのが、夫婦で、財布が別々というケースです。
結婚以前の交際中のときとお金の使い方に、あまり変化がなく、互いに自由に使えるお金が多いことがメリットです。

ただ、その状況は交際中のカップルであれば問題ありませんが、結婚して同じ方向に向かって年をとっていく夫婦では、そうもいきません。
自由に使えるお金は、使途不明金です。

一つの家庭で、不明なお金があると、計画的に貯蓄を増やすことは不可能です。
夫婦で共有できる貯蓄がなければ、マイホームも、マイカーも、子供を生み、育てることもできません。

中でも、今後子供を授かりたいと思うならば、なぜ、別々の財布のままでいるのか、子供ができた場合どうするべきなのか、今のうちに話し合っておきましょう。

やってはいけない危険な家計管理その2・節約大好き

節約が何よりも大好きで、お金にうるさい人が家計を握ると大変です。
夫婦揃って、節約大好きというなら話は別ですが、片方だけが節約好きでお金にうるさいとなると、お金で必ず問題が発生します。

この場合、節約好きな妻(夫)が当然のごとく家計を管理します。
すると、家計を牛耳られた方は、いかなる正当な理由があったとしても、簡単に自由に使えるお金を手にすることはできません。

専業主婦の妻が節約好きで、家計を管理した場合で考えられる問題は、夫の小遣いの制限、質素な食卓、光熱費用の節約など、本来リラックスできるはずの家でもゆっくり過ごせず、日々つらい生活が強いられます。

さらに小遣いの節約は、仕事への影響も深刻です。
その都度家計を管理する妻に相談しても、1回でうなずいてはくれず、そのたびに、妻に対する不満が膨らみ、お金が原因となる夫婦喧嘩も頻繁に起こるようになります。

このように、節約が大好きな人が家計を握ると、大変です。
ただ、節約は決して悪いことではありません。

その分貯蓄をしっかりと行ってくれれば、結果的に夫婦のマネー計画やスムーズに進み、いざというときにも安心です。
ただ、ストレスを膨らませないためにも、節約好きな方ばかりにすべてを任せるのではなく、夫婦二人で管理するようにしましょう。

やってはいけない危険な家計管理その3・丸投げタイプ

一家の大黒柱となる夫が、お給料から毎月一定額のみを生活費として妻に丸投げして、残りは自分のいいように使うという場合も、お金のトラブルは絶えません。
この手の夫は、大抵自分のお給料の額を妻に報告しません。

なぜなら、残りの自由に使えるお金を妻に知られたくないからです。
しかし、そのような夫は、妻からの信頼を失い、夫婦関係は必ず破綻します。

どうせ丸投げするなら、お給料の全額を丸投げしてくれたほうがよほど楽に家計の管理ができる、というものです。
万が一、夫がお給料を妻に言わず、生活費だけを毎月丸投げする場合は、思い切って夫の収入を調べてください。

そこから、残りのお金の使い道などを詳しく聞きだし、家計管理に関する不満を少しでも解消してください。

理想的な家計管理とは?

では、どのような家計管理がお金のトラブルを未然に防ぐことができるのでしょうか。
それは、家計管理をどのように行うのか、夫婦で話し合い、互いに納得した上で、管理する体制を整えることです。

だれが管理をする、のではなく、二人で管理するにはどうすべきかを前提で考えることがポイント。
オンライン家計管理アプリを利用すると、互いにどの場所にいても、楽に管理ができます。

また、それぞれが得意とする項目を分担制で管理する、というのも一つの方法です。
さらに、毎月必ず1回は、家計に関する話し合いを持ち、トラブルは小さいうちに解決する癖をつけましょう。

借金に悩んでいる夫婦・家庭円満のためにも借金を無くしたい方

  • 複数の借金返済をしたいが良い方法は無いか?!
  • 夫・妻に借金を知られずに返済できないか?!
  • 夫婦円満のためにも借金を無くしたい!

など、夫婦の借金で悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
夫婦の借金?夫・妻に知られずに借金を清算するには?

関連記事