menu

夫婦のお金トラブル解決

夫の小遣いっていくら?夫婦の金銭トラブルを防ぐお小遣い事情

夫婦の金銭トラブルを防ぐお小遣い事情

あなたのパパのお小遣いって毎月いくらですか?
もしかするとその額によっては、お金に関する夫婦喧嘩が起こりやすく、それによって離婚なんてことも。

ここでは夫のお小遣いに関する夫婦喧嘩、そして夫が抱えているストレスなどについて考えてみました。
最近夫とお金でよく喧嘩になりやすい、お金のことになると夫の機嫌が悪くなる、という悩みを抱えている妻は、今のままでは大変なトラブルが起こるかもしれませんので、早めに対処してください。

ズバリ!夫のお小遣いはいくら?それで大丈夫?

家計のやりくりって本当に大変ですよね。
子供の学費、将来のこと、毎日の食事や携帯、インターネット料金、保険やローンなどなど、優先するべき項目はたくさんあります。

そして、もっとも削りやすいのが夫のお小遣いです。
だって、主婦の本音としては、夫のお小遣いなんて、全カットでも良いと思っている人が多いはずですよね。

どんな無駄遣いをしているか分からないし、もしかすると不倫や浮気に使っているなんてことも想像できます。
でもね、夫のお小遣いを削りすぎると家計に大打撃を及ぼす事態になるって知っていますか?

現在、夫のお小遣いの見直しを検討している方、または最近夫が小遣いで不満を抱えているようだと思うなら、以下のことを参考にしてください。

小遣を少なくするデメリット

夫の小遣なんて、いくらでもいいでしょう、ではダメ。
そして少なすぎるのは、かなりのデメリットが生じます。

そのデメリットとは次のとおりです。

1・年収とお小遣が比例する
その理由は、ビジネスにつながるチャンスを失いやすいからです。
例えば、お得意様からプライベートで急なお誘いを受けたとき、手持ちのお金が少なければ、誘いを受けることはできません。

また部下にランチをご馳走したり、残業への差し入れなど大人の対応もできないので、仕事での出世が難しくなります。
その他、スキルをアップさせるセミナーや講習、社外の交友を広めることも難しいため、せっかくのチャンスを棒に振るうことになるでしょう。

2・時間が失われる
時として時間とは、最優先されるべきことがあります。
特に、ビジネスシーンにおいて、時間とはものすごく貴重で、それによって大事な契約が台無しになることもあるでしょう。

そのとき、手持ちのお金がなかったら、どうなると思いますか?
タクシーを使えばわずか5分でいけるところが、定期券を使ってバスや電車で向かった場合、時間は倍以上かかることがあります。

その差はすごく大きいですよね。

3・付き合いが悪くなる
社外の人間関係は、社会人にとっては、とても重要です。
仕事が終わったら、まっすぐに帰ってきてほしいのが主婦のホンネ。

しかし、外で飲むという行為もまた、働く男性にとっては、すごく意味のある行動です。
その行動をとるだけの費用がなければ、夫は社外で人間関係を築くことができず、社会で孤立することになります。

もしも、この3つの条件が重なったら、夫は「もっと自由に使えるお金さえあれば」と不満を抱えるようになり、些細なことで不満が爆発。
不要な夫婦喧嘩を生みやすい状況に陥ります。

おこづかいの額を決めるポイントは?

では、どんな風にお小遣の額を決めればいいのでしょうか。
まず、一般的なお小遣の相場を把握しましょう。

一般的に言われているのが、年収に占める年間のお小遣率が6%程度です。
具体的なサラリーマンのお小遣が月3万となっています。

その金額を参考に直接夫と話し合い、互いが納得した上で、金額を決定するのが理想的です。
例えば、昼食代、タバコ代、交通費、飲み会などの交際を含めた金額プラス、会社での立場などを考えましょう。

部下を抱えるポストにある場合は、一般的な小遣の相場に5千円から1万円ほどプラスするのがベスト
愛妻弁当があるから昼食代はカット、という場合は毎月2万円ほどで十分かもしれませんね。

ただし時期によっては、接待や飲み会が増え、3万では到底足りないということもあります。
その場合は、家計とのやり繰りを考えながら、特別手当として、おこづかいを一時的に増やすのも一つの方法です。

おこづかいを節約するとこんなトラブルが・・・

夫のおこづかいは夫のストレスを増やし、夫婦喧嘩が増えるだけでなく、次のような最悪のトラブルを引き起こす原因となります。
中でも、もっとも危険なのが、妻に内緒で作ってしまう借金です。

自由に使えるお金を別の場所から工面することで手を出すカードローンは、安定した仕事についている男性ならとても簡単です。
しかし、カードローンで作った借金は、雪だるま式に増え、妻が気づいたときには、もうどうすることもできない状況になることが予想できるので、そうなる前に、夫のおこづかいの見直しを検討しましょう。

  • お小遣のことでよく夫婦喧嘩をする
  • 夫のおこづかいは何年も見直していない
  • 家計が優先なので小遣は渡さない
  • お金のことになるとすぐに不機嫌になる
  • 小遣を渡していないのに帰りが遅い

などに心当たりがある方、今すぐ対処してください。

借金に悩んでいる夫婦・家庭円満のためにも借金を無くしたい方

  • 複数の借金返済をしたいが良い方法は無いか?!
  • 夫・妻に借金を知られずに返済できないか?!
  • 夫婦円満のためにも借金を無くしたい!

など、夫婦の借金で悩んでいるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。
夫婦の借金?夫・妻に知られずに借金を清算するには?

関連記事